Posted by : fabler 2014年5月4日日曜日

今回は最も簡単かもしれないLED、抵抗、電源だけの回路を設計してみます。

今回の学習内容
論理回路の書き方(基本のみ)

(1)新規プロジェクトの作成
それではEagleを立ち上げて、前回作ったMyProjectフォルダにカーソルを合わせて、右クリックしてください。New Projectを選択します。赤いフォルダがMyProjectの下にできるので、名前をLV01_LEDとしてください。フォルダを右クリックしてRenameで名前を変更できます。




(2)論理回路の設計
回路を設計する場合は、最初に部品同士がどのように繋がっているかを示す回路図(schematic)を作成します。LV01_LEDフォルダにカーソルを合わせて、右クリックしてください。そして、New>Schematicを選択してください。以下のようなウィンドウが開きます。とりあえず、保存しておきましょう。名前はLV01_LEDにしておいてください。




(3)部品を追加する
とりあえずLEDを追加してみましょう。左のアイコンの中からコンセントみたいなやつを選択します。これが部品の追加アイコンです。




こんな画面が出てくるので、Searchボックスに*LED3MM*と入力してEnterをおしましょう。これでLED3MMという文字列の含まれる部品を検索してくれます。前後に*をつけることを忘れないで下さい。




おそらく検索結果がこのように表示されます。表示されない場合はリストを上から順に見ていけばledが存在するので、その下にあるLED>LED3MMを選択してください。LED3MMを選択した状態でOKボタンを押してください。



(4)部品を配置する
ものとSchematiの画面に戻るので、カーソルの位置をずらしながら、2回右クリックして下さい。LEDが2つ画面上に追加されます。今追加したのはこのタイプのLEDです。
http://akizukidenshi.com/catalog/g/gI-00562/



2個配置したら、メニュー上にあるSTOPアイコンを押すか、Moveアイコンを押すと、部品の選択が解除されます。




(5)画面のサイズや位置の変更
ちなみに、マウスのスクロールボタンをスクロールすると画面の拡大縮小、スクロールボタンを押したままカーソルを動かすと、画面が動きます。

(6)部品の回転と移動
ウィンドウ左のツールバーの回転アイコンを選択した状態で、LEDをクリックして下さい。1回押すごとに90度回転します。LEDを2つとも右に向いた状態にしましょう。

次に、移動アイコンを選択した状態だと、LEDをドラッグできるようになります。図のように2つ上下にそろえてみましょう。



(7)他の部品も追加する
同様に、抵抗(Resistor)と電源パッド(電池ボックスのケーブルを半田付けする穴)を追加しましょう。

(3)で出てきた部品追加アイコンを選択して、Searchボックスに*R-EU_0207/10*と入力して検索しましょう(リストのresistor>R-EU_内部を直接探しても見つかります)。Schematic上に2つ抵抗を適当に配置しましょう。



(3)で出てきた部品追加アイコンを選択して、Searchボックスに*wirepad*と入力して検索しましょう。(wirepadはリストの下のほうにあります)Schematic上に2つのWIREPAD2,151,0を配置します。




最終的に全部品を2つずつこんなふうに配置してください。




(8)部品同士を接続する
ウィンドウ左のツールバーのNetを選択して下さい。この状態で各部品から出ている赤い線(接続部分)にカーソルを合わせてクリックすると、緑の線が延びます。これを隣の部品の接続部分まで伸ばしてクリックすれば、部品同士が接続されます。下記の図のように全ての部品を接続しましょう。

線を描くのを失敗した場合は、Deleteアイコンを選択して、線をクリックすれば、削除することができます(部品を削除することもできます)。



(9)部品に値を入れる
今回は抵抗を470Ωにします。ウィンドウ左のツールバーからValueアイコンを選択した状態で抵抗をクリックして下さい。値を入力するダイアログが出てくるので470と入力してください。




(10)線に名前をつける
次に線に名前をつけます。今回程度なら必要ないですが、後々必要になるので覚えておいてください。

最初にツールバーからLabelアイコンを選択した状態で、PAD1に繋がっている線を選択してください。N$**という感じの文字が現れるので適当な位置に移動してクリックするとそこに固定されます。PAD2に繋がっている線も同様にして文字を表示させてください。

次にNameアイコンを選択した状態で、Pad1に繋がっている線を選択してください。名前を入力するダイアログが表示されるので、VCCと入力してください。Pad2に繋がっている線も同様にしてGNDと入力してください。下記の図のようになってればOKです。




これで回路図は完成です。今回はすでに登録されている部品を選択して線でつなげて回路を作る方法を説明しました。

次回はこの回路図を実際の基板の形にします。

















Leave a Reply

Subscribe to Posts | Subscribe to Comments

- Copyright © 一人工場ブログ -Shinpuru v2- Powered by Blogger - Designed by Johanes Djogan -